株式会社Isis(イシス)保育事業部プスプスギャルドリー

英語ページ

株式会社Isis

PAGE TOP ▲
エピペン出張講習会

HOME < エピペン出張講習会

エピペン®出張講習会

エピペン®とは

エピペン®(エピペン®注射液)は、医師の治療を受けるまでの間、アナフィラキシー症状*¹の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)です。

*¹アナフィラキシー症状

食物アレルギーにより引き起こされるアレルギー
・皮膚症状 そう痒感・じんましん・血管運動性浮腫・発赤・湿疹
・粘膜症状 眼症状:結膜充血・浮腫・そう痒感・流涙・眼瞼浮腫
鼻症状:くしゃみ・鼻汁・鼻閉
口腔咽頭症状:口腔・口唇・舌の違和感・腫張・咽頭の痒み・イガイガ感
・消化器症状 腹痛、悪心、嘔吐、下痢、血便
・呼吸器症状 咽頭衡軛感、咽頭浮腫、嗄声、喘鳴、呼吸困難
・皮膚症状 アナフィラキシー:多臓器の症状
アナフィラキシーショック:頻脈、虚脱状態(ぐったり)、
意識障害、血圧低下

アナフィラキシー症状とは、上図のうち2つ以上の重い症状が同時に起こったものを指します。 たとえば全身のじんましんとぜん鳴が起こったときや、繰り返し吐いて同時に動悸がするときなどがアナフィラキシーにあたります。さらに血圧が下がって、意識がもうろうとした症状もみられたときはアナフィラキシーショックといって、起こったらできるだけ早く適切な処置や治療をしないと生命に危険が生じます。*²
*²認定NPO法人 アレルギー支援ネットワークより

サービス概要

小児ドクターが講師となり、アナフィラキシー症状についての知識を共有し、エピペン®練習用トレーナー*³を用いた実践的な講習を行います。
*³エピペン練習用トレーナー

講習目的

アナフィラキシー症状とエピペン®を打つタイミング・正しい打ち方を理解する

所要時間

約1時間30分

内容詳細

1.アレルギー疾患に関する背景・事例
2.アナフィラキシーの定義・症状等について
3.エピペン®の作用(副作用)・仕組み
4.エピペン®実践(エピペン自己注射器を使っての代行投与実習)
5.留意点・まとめ・質疑応答

対象者

保育園、幼稚園、学校、学童保育、歯科クリニックなど、集団で お子様に対応している業務スタッフ

価格

人数:20名まで(最低催行人数6名~)
出張基本料金:25,000円(テキスト代、機材費、講師出張指導料、保険料等込み)
※講師交通費別途
参加費用:1,000円 / 名

問い合わせフォーム

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。
お名前 ※必須
組織名
ご住所 ※必須
■電話番号(半角) ※必須
■Mail(半角) ※必須
講習会場
受講者人数
■講演日時
■その他 希望事項




保育士求人
保育ブログ
株式会社Isis
ネフェラ
SCLABスクラボ

個人情報保護方針/ご利用規約/サイトマップ

Copyright (C) 2015 Isis Co., All Rights Reserved.